エアコンのフレア加工について・・・。 以前から質問している者です・…エアコン

エアコンクリーニングについて

エアコンクリーニングについてダスキンに頼もうかと思ってますがダスキンはエアコンクリーニングの際に室外機は一緒に掃除してくれますか?それか室外機もして欲しい場合追加料金になりますか?それか近所にお掃除本舗?もあるのでどちらにしようかなと思ってます。
お掃除本舗はキャンペーン中で10000円らしいのです。
エアコンクリーニングの際室外機は料金内で掃除してもらえるものですか?

エアコンの室外機の掃除は基本的に室外機の後ろに金網があるのでそこに詰まっている毛玉や枯葉などを取るだけです。
エアコンから出ている風は室内機の上から室内の空気を取り込み室内機の中で温度調整して風が出てきます。
カビやニコチンの匂いは、室内機に付いている匂いなので室内機を掃除したらある程度は治りますよ!

どこでも別料金を取られると思いますし
出張費用なども取られるところがあります
でもエアコンクリーニングプロなら
料金内に入ってて結構安い価格でしたのでおすすめです

室外機のことも相談してみるといいとおもいますよ
見積もりはもちろん無料ですし
対応もよかったですよ
小さい子供がいたことを言うと静かに作業をやってくれたりと
とっても良心的でした>してもらえうかどうか、聞けばいいだろ??

どっちみち、室外機をするんだったら、有料だろうが無料だろうが、するんだろ?

誰に聞いてんだよ???>室外機は別です、料金は別途取られます。

ダスキンやお掃除本舗はフランチャイズが主流ですので
お住まいの地域が田舎でなければ何店舗もあると思います
掃除だけをやっているダスキンの店舗もありますね。

どちらがおすすめかは、どちらも「人による」ということです。
当日来た掃除マンの質や能力は、運次第です。>どっちも同じようなもの。
エアコンの洗浄は、メーカーとか空調業者に相談した方がいい。
ハウスクリーニング業者は、換気扇やお風呂場など、バラしが簡単なものや見えてる部分に対してはお掃除のプロだけど、エアコンみたいに分解が必要なものに対しては素人同然。
前面からの高圧洗浄だけでは、ヨゴレは半分も落とせないしね。
中には、ファンまでバラせば洗浄ができるって業者もいるけど、そいつも実は自分が「それでヨゴレが取れている」と納得しているだけで、実際には、全部分解することでしか落とせないヨゴレが3割りほどある。
エアコンの洗浄は本来、全バラの洗浄が基本だよ。
ちなみに、室外機。
そんなにヨゴレてるの?
室外機は、あんまり洗ったりしないよ。
熱交にホコリなどが見受けられるなら、柔らかいホウキなどで軽く掃除をしてみよう。
それでも気になるなら、相談してみたらいいとは思うけど。>

エアコン故障。
エアコン以外で店舗の暖房、冷房方法を教えてください。

エアコン故障。
エアコン以外で店舗の暖房、冷房方法を教えてください。
【店舗情報】—————————————————————・雑居ビルの3F・8坪ほどの店舗・気温が10~12度くらいなら店舗は締め切っているので暖房なしでもそれほど寒くありませんが、気温が下がってくると少し寒くなります。
—————————————————————————–現在運営している店舗でエアコンが故障しました。
エアコンの故障時の修理費などは借主が支払う契約になっています。
見積もりをとると、修理に20~30万、取り換えとなると30~40万かかるようです。
いずれ退去するんだと思うと修理しても、新しく取り付けてももったいないと考え今後はエアコンは使わずに石油ストーブ、石油ファンヒータで行こうと思っています。
経済的にもいいし何より初期費用がかかりません。
石油系の暖房器具の使用はビルオーナーから許可を得ています。
そこで両者のメリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?また夏場にエアコンを使わずに、別途冷房器具を購入して店内を冷やす方法はあるでしょうか?よろしくお願いします。
補足石油ファンヒーターで上記の店内を暖めることはできるでしょうか?石油ストーブとの差は?宜しくお願いします。

>そこで両者のメリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?・石油ストーブのメリットは、価格が安い、電気を使用しないので何処でも使用できる。
デメリットは、火力調整が出来ない、直火になるので火災の恐れがある。
・石油ファンヒーターのメリットは、火力調整が出来る、小さくても大きな火力を出せる。
デメリットは、価格が高い、電気が必要、3時間で消える。
どちらの暖房機も室内で灯油を燃焼させるため、換気が必要になります、使用時は、換気と火や取扱に注意が必要になります。
>また夏場にエアコンを使わずに、別途冷房器具を購入して店内を冷やす方法はあるでしょうか?・部屋を冷やすまで可能なものはエアコン以外にはありません。

8坪ですと16畳クラスの物になります、5kw位の大きな物になりますので、2.8kwクラスの石油ファンヒーターを2台購入する方が安くなると思います。
>冬は別として、エアコン以外の冷房器具はこの場合ありません。>

スポットエアコン

スポットエアコンスポットエアコンを使った事ある方、今使っている方にお聞きします。
どんな感じですか?冷えや音はどんな感じなんでしょうか?うるさいとはよく聞きますが赤ちゃんがいても変わらず寝れますでしょうか?(4ヶ月になる赤ちゃんがいます)あと、取り付ける際に窓とパネルの間に隙間ができた場合、どのような工夫をしたら虫や雨が入ってこないようになりますか?もう注文はしちゃいましたが、是非感想やアドバイスお願いいたしますm(__)m

スポットエアコンって、主に業務用でお店や屋外などで使うことが多い機器ですので、あまり一般家庭で室内で使っている人なんていないんじゃないかと思いますが・・・コンプレッサーと一体になっていますし、かなりうるさいですよ。
もともと業務用で屋外使用となるので多少うるさい作りでも大丈夫ってことです。
通常のエアコンを買われた方がいいのでは?

スポットエアコンは、工場や調理場など部屋全体を冷やすことが出来ない条件下で人が少しでも快適にと言うことで、冷気を人に吹きかけるために開発した物です。

ですから、冷気が出る反面温かい空気が出ます。
締め切った小さな部屋での使用は不向きです。
その為、一部のメーカーでは、熱風をダクトで噴出す方法を取り、狭小の部屋でも使用できるようにするタイプもあります。
ですが、熱風を強制廃棄しますので、部屋の空気が薄くなります、ですから、その分、色々な隙間から、室外の空気(温風)吸い込むことになりますので、効率が良くありません。

さらに、赤ちゃんのために使用するのは、いかがな物でしょう。
冷気が直接当たるのはNGでしょう。

窓コンであれば問題ないのですか?
スポットエアコンと言うことで心配です。>ウインド用のエアコンは使っていますが快適です、工事なしに取り付け出来ます。
スポットエアコンは排熱をダクトで窓の外に出さないと部屋全体の温度は上がります。
http://www.corona.co.jp/zoom_up/w_ac/index.html>

エアコンの違いについて。

エアコンの違いについて。
この間研修で豪雪地帯の山の中の会社の寮生活をしていました。
実家も普段も関東で生活していているのですが、驚いたのは「ガスエアコン」という機械です。
電気のいわゆる普通のエアコンとガスエアコンって何が一番違うんですか?もちろんガスと電気の違いはわかりますが、ガスエアコンの方が暖める効率が高いとか、安いとかあるんでしょうか?

電気エアコンの暖房時の弱点室内暖かくした分室外機側冷たくなり、外の湿気が熱交換器について凍ってしまうと暖房が利かなくなるので時々霜取りのため運転が止まることがあるガスエアコン、いくつか種類がありますいずれの場合も電気エアコンと違って暖房時外気温に左右されないので暖かいです商品の価格が高かったり施工に手間がかかり導入の敷居が高いので、絶滅危惧種ですね温水式湯沸し器やボイラーで沸かしたお湯を室内機に送って温風を出す方式冷媒加熱式室外機でガスを燃やしエアコンの冷媒ガスを温めるFF式FFストーブとエアコンが一緒になったもの今はたぶん製造されていない

GHPというもので、暖房で室外機の熱交換器をガスで加熱します。寒冷地では室外熱交換器が凍結するのでガスで補助をします。http://www.gas.or.jp/gas-life/gaskucho/shikumi/>

エアコンのフレア加工について・・・。

エアコンのフレア加工について・・・。
以前から質問している者です・・。
フレア加工部からのガス漏れで困っています。
使用工具はレキス電動フレア工具。
トルクレンチです。
メーカーさんの空調技能講習に参加し、フレア加工は完璧だと思ってます。
しかし実際にエアコンを取り付けるとフレアからガス漏れが起こることがあります。
ガス漏れと言っても音を立てて漏るのではなく微量です。
フレア部を触ってみると少し油が出ていたりします。
私はこの場合、まし締めをしております。
すると漏れが止まることがあります。
これはどういうことなんですか?ちゃんと施工の時にトルクレンチで締め付けているのにガス漏れを起こし、まし締めをしたらガス漏れが止まり・・。
これではトルクレンチを信用して使う方が怖いですよね?ちなみにトルクレンチは不良だと思い2回買い替えました。
フレア加工はヤスリがけ、バリトリと完璧できれいなフレアができています。
接続方法も間違いのないようにやっています。
電動フレア工具は点検に出して異常なしでした・・。
何が原因でガス漏れを起こすのですか?トルクレンチを使わない業者の人に私が設置したエアコンを見てもらいました。
「これ、私が据付したんですが、今フレア部から油が少し出ているんですけどどう思いますか?」と聞いたら「これ締まってないよ。
」とさらに強くフレアナットを締めて「うちはこれぐらい締めるよ」と言われました。
これってどうなんですか?トルクレンチ使用する方が危ないと思いませんか?みなさんはどうなされているのですか?技能講習でみっちり習った時は1回もガス漏れしませんでした。
この時もやはりトルクレンチで締め付けたんですが・・。
電動フレアがダメなんですかね?でもこのタイプを使用している業者さんもたくさんおられると思うのですが・・。
据え付けたエアコンが半年~1年でガス抜けしたり・・もう嫌になりました。
プロの方アドバイスお願いします。

私もエアコン施工しておりますが、レッキス使用しておりますが 同じことが出ているんですね 特に2分管はいけません必ず漏れとめのスプレーしても規定トルクレンチでしめても漏り 必ずまし締めしております ルームエアコンならいいのですが パッケージでチッソ気密試験すると必ず 電動フレアだともれます 3分だと漏れないのですが 今年も年始またいで取替え工事しましたが あまりに漏れるので手動フレア工具での加工いたしました 不思議に漏れません なので2分、3分は手動での加工にしております それと私は別料金いただいてルームエアコンでもチッソ気密試験しておりますので漏れは一切ないです 後漏れるのは室内機か室外機のどちらかの溶接不良です 私はですのでレッキスでの加工は4分、5分、6分管加工だけですめんどくさいですが手動のほうが間違いないと私は確信しております。
参考までに

他の回答者の方々は皆プロの様な感じなので、参考になると思います。

回答に無いとろこで、エアコンパルなどのオイルをフレアに塗布しているでしょうか?
私も工事や修理をしておりますが、フレア加工する際は必ずエアコンパル等のスプレー式の物を塗布します。(エアコンパル=商品名)
塗布する事により気密性が上がります。空調資材屋など最近ではホームセンターでも見かけます。

逆に使用してない方をみた事がないので、塗布しておいて損はないかと思います。

もう一点はトルクの話ですが、メーカーのトルク基準は温度変化の無い耐圧試験でトルクを見ているそうです。

最近、実際にあった現場ですがガス漏れの為、耐圧検査をしました。
検査は窒素充填の為、温度変化の無い状態です。耐圧検査時にはガス漏れをせず。
エアコンを運転するとフレア部から微量にガス漏れをします。

これはフレア部が、熱により微量に金属膨張しガスが漏れていると結論に至りました。(熱をもった状態で増し締め解決)

他の回答者様にもあるように、自動工具やトルクレンチに頼らずフレアが潰れる感覚等を覚えた方がよいと思います。
22のフロンより410等はガス漏れの話は多いですし、感覚を養う方がいいかもしれませんね。
私も逆にトルクレンチを使うのは危険だと思っている派です。。。

ご参考までにm(__)m

追記。
以前の質問回答にオイルの話出てきてましたね。
もう一点、これは私の感覚ですがR410Aの場合はフレアを22より広めに作っています。最近はフレアナットのネジ山に触れるぎりぎりまで広げ作っていますが、ガス漏れした事はないです。>エアコンの取り付け始めて20数年になります。
私の場合はパイプカッターの刃をこまめに変える事でヤスリ掛けやバリ取りはやらないようにしています。
また、電動のフレアツールの評判はあまりいいものではありませんよ。
あと、トルクレンチですが、パイプを真っ直ぐにあてて使われていますか?パイプが真っ直ぐでないとフレア部がちゃんとつぶれる前にトルクが掛かって、結果締め付け不良になるケースを多く見てきました。
どんなにいい道具を使っても使い方に間違いが有れば機能しませんから細かいことまで今一度確認してみた方がいいですよ。
多分講習会で教わった手順のなかで何かをはしょってると思います。
くだらないと思える手順も含めて基本を確認してみてください。>メーカーの人が言ってましたが、トルクレンチを使い適正なトルクで締めつけたあとにちょっとだけ増し締めするくらいがいいと。
空調屋が言ってましたが、電動フレアはフレアで漏る率が高いと(これは個人的感想で確証はないですが)。

あとはやっぱり経験だと思います。ヤスリがけは当方やりませんが、バリトリもほどほどにしてます。その分肉薄になることになりますから。>トルクレンチには、R-22用とR-410A(407も含む)の2種類あります。
R-410は、R-22より高圧の圧力が高い為、トルクも大きくなります。

ATQ-160 1/4、17mm 16N・m(157kgf・cm)R-22
ATQ-180 1/4、17mm 18N・m(176kgf・cm)R-410
ATQ-300 3/8、22mm 30N・m(294kgf・cm)R-22
ATQ-380 3/8、22mm 38N・m(373kgf・cm)R-410
ATQ-550※ 1/2、26mm 55N・m(539kgf・cm)R-410
ATQ-750※ 5/8、29mm 75N・m(735kgf・cm)R-410

以上のようになります。
又、トルクレンチは使用していると段々トルクが弱くなります、そこで公正という検査と調整が必要です。
そこで、トルクレンチで締め付けした後に、通常のレンチで再度そのナットの締め付けの力を確認します。
何十回すると力関係が経験で確認できます。
その方が、正確になる可能性が高くなります。

レンチの長さは、ナットの大きさに比例して長くなっているのは、馬鹿力で締め付けが出来ないようになっているので、使い慣れた、レンチで締め付けの感覚を覚えることです。

両方モンキーなどは、ナットのサイズに関係なく長さが一定になるので、締め付けすぎる可能性が大きくなりますので、レンチを使用しましょう。>