エアコン内部を市販の洗剤で自分で掃除するのは逆効果でしょうか?ち…エアコン

エアコンを10月に買おうと思ってます。

エアコンを10月に買おうと思ってます。
エアコンを三菱の霧ヶ峰とダイキンのうるるとさららではどちらがおすすめでしょうか?最初霧ヶ峰を買おうと決めていたんですが野球を見始めたらほっともっと神戸スタジアムのバックネットにダイキンのうるるとさららのCMが貼ってあって悩み始めてしまいました?

エアコン屋です、やはりうるるとさららですね冷暖房の気流が全然違います 三菱の上位機種はとにかく室内機が重く取り付け未熟の工事で室内機落下が多いです今年はうるるとさららが好評でとにかくつけたお客様から設定温度28度で冷えて寒いくらいと 今までのエアコンでは考えられない なぜか除湿能力は他を寄せ付けないです 熱交換器の厚さの違いですので省エネで冷房も効きさすが世界のダイキンです それと修理時の部品居級が一番です 当方は修理もしておりますが三菱は部品はあるのですがとにかく部品来るのが遅いです 以上ダイキンの回し者ではありませんが販売修理、完全分解洗浄しているものから見てダイキンお勧めします。

うるるとさららにも上位機種、下位機種が存在するのでしょうか?
上位機種や下位機種では主に電気代が違うのでしょうか?>ダイキンのサービス呼んだけど
対応は良かった>省エネ性が同等であれば、どっちでも安い方でいいと思います。>三菱電機とダイキンなら下位機種ならダイキン上位機種なら三菱電機です>

エアコン工事について

エアコン工事について自分は業務用と家庭用のエアコン工事をしたことがありますまだ業務用は夏の大変さを味わってないですが、業務用は朝早く、現場に入り、職人のような仕事の流れ家庭用は朝は特に早くなく、一般家庭が主で一日中せかせかしなきゃならないと両者のイメージです自分的には将来独立したいです、ただハイエースだけの事務所もない独立は嫌です、ちゃんと城がほしいです厳しいとは思いますがやれるとこまでやって散りたいと思いますそこでなんですが、業務用て現場メインのエアコン工事か家庭用で住宅メインのエアコン工事どちらが将来的に儲かり独立できますか?自分は後一週間で22です。
家庭用エアコンもまだ一人でつけれませんですが、野望として30までには独立し城を建てたいですエアコン工事の経験者様酸いも甘いも現状を教えてほしいですよろしくお願いします!

初めましてエアコンヤですよ!家庭用エアコンか業務用エアコンどちらが儲かりマッカですよね!一言では、難しいですがアドバイスさせてください。
まず、施工技術的な問題ですが 家庭用エアコンも2分野に分かれます1、俗に言うルームエアコンというもの。
(壁掛け)家電屋さんに展示してありますよね!2、ビルトインエアコン(天井内、壁内についていて化粧パネルを取り付けるタイプ) です。
1は、ひとシーズン修行すればそれなりに付けられるようになります。
2は、業務用に近いので現場数をこなさないと短期間では難しいと思います。
特に一般住宅では、建築中に施工を行う為(隠蔽配 管)天井内・壁内に配管する。
何現場といわれると困りますが、人にもよりますが(師匠・親方の教え方)3年ぐらいは!!施工数 少ないので。
次に業務用エアコンですが貴方がどこまで知識があるのか分かりませんので、簡単に言いますと、施工技術だけで3年くらいは、かかると思います。
製品だけでも色々種類がありそれぞれ施工方法も異なります。
エアコン施工には ドレン配管(排水)・冷媒配管(銅管)・制御配線(ソウサセン)があり、それぞれ同時進行で施工しなければなりませんので、台数にもよりますが人工(施工時にかかる人数)もかかります。
ビル用マルチ・集中管理もっと複雑です。
銅管溶接・配線知識等も必要です(大手ゼネコンなどの現場にはいるには資格等も必要です)次に現場管理経験で2~5年かかります。
現場管理は、工場・大型ショッピングセンター・ビル・学校等かなり台数がある現場では、工程・資材・図面(施工図・竣工図等)管理が必要になり、管理するだけの会社もありますから。
以上が施工的な経験値です。
自分で起業するということになりますと、この他に営業力・積算力が必要になってきます。
どこから仕事もらうのか?仕事をもらうにしても、金額を決めなければいけないので、見積もりを書けないとけいけません。
ということは材料費がいくらかかって労務費(人件費がいくらかって)とか税金(所得税・消費税)その他色々。
経費(事務所・倉庫の賃貸料 車両費(燃料代・高速代)など)。
ルームエアコンでであれば1人で付けられるのでリスクも少ないですが(材料費等)、業務用になると台数も増えます。
必然的に配管材料費・人件費も増えますので資金力も必要になります。
(銀行・公庫に借り入れるにしても)貯金があればいいのですが(300万位)ただし、利益も大きくなりますがね。
ざっくりと説明させていただきました。
まずは、施工経験をつんでください。
ルームエアコン取付で独立は、私は難しいと思います。
なぜなら上記のように経験が浅くても済むので競争率が高いと思いますし、利益幅が少ないので、かなりの件数をこなさないと儲かりません。
また5月~8月中旬までが忙期で他の月は新築物件でこなすしかありません。
(電気工事店・工務店にぶら下がるとか) 業務用エアコンの合間にルームなどは付けられますから。
わたしは17年目で起業しました。
経験年数を積み重ねると業界にも名前が自然と売れますし、声もかかります。
同期で2~3年で独立をした人物も沢山いますが、8割ぐらいは、常用(日当制)でやられている方大半です。
(私は、あまり独立し意味がないとおもいますが)。
独立するならやはり、請負工事で受注したがいいと思います。
それには、とにかく自分の技術(手に職)を磨いてください。
苦難も多々あるとは思いますが、苦難の数だけいい企業家(エアコンヤ)になるとおもいますよ!

城をかまえるなんて夢があっていいですねー。

たぶん、エアコン設置だけの工事ですと今の時点でもかなりの会社があります。そして設置だけをやる一人親方の方もすごくいますよね。

ある程度の競争は覚悟されていますよね。

業務用のエアコンになりますと、銅管サイズも大きいものが多くなりますので、さまざまな配管用だけでもたくさんの道具が必要になります。それに少人数でやるにはちょっと無謀ですよね。

一方で家庭用なら、道具はそれほど必要になりませんが、単価が非常に安いです。

たとえば、8,000円の工事代金なら1日5台こなしても40,000円の売り上げにしかなりません。
しかも、5台こなすということは小さなエリアで取り付けに回っても1台につき1時間以内で済まさなければいけません。

設置だけならこういったところです。

ただ、もし修理をやったり、保守をするというなら別です。
最近は本体価格の値段が下落していているので、修理するより買い換えたほうがいい時代になりましたが、それでも修理の市場はへりません。なぜなら、仕事が面倒すぎて、やれる人が減っているからです。

世の中のエアコン屋と呼ばれる人たちは、実はあまり製品の中身を理解されていません。
取り付けの効率ばかり求めるあまり、配管屋さんになりつつあります。

配管屋さんがダメとはいいません。それはそれで奥が深いですから。

でも、どうせやるなら極めましょうよ。

エアコンという機械の根底にある原理を勉強し、付随するさまざまな知識を身につけて、30歳という節目までまだ8年もあります。

関連する資格をたくさん取って武器にして、独立したときに優位になれるようにたくさんの仲間を作ってがんばってください。>まだ素人さんなんですね。先輩などに相談することです。

空調だけでは、仕事を確保し続けるのは難しいでしょうね。リーチインなどの冷凍冷蔵設備、空調でも、チラーやコジェネなど幅広くこなせるようにならないと難しいでしょうね。>

エアコン(隠ぺい配管用)で、17畳と23畳対応のお勧めの製品教えてください!

エアコン(隠ぺい配管用)で、17畳と23畳対応のお勧めの製品教えてください!現在、新居を建築中なのですが、吹き抜けがあり、広範囲対応(建築士いわく、17畳用と23畳用)のエアコンを探しています。
17畳、24畳のエアコンをお持ちの方や、エアコンに詳しい方で、お勧めの製品、またその製品に対して、回答者さまがメリット、デメリットに感じることがあれば教えていただければ幸いです。
お勧めの製品について、条件を下記の通りつけさせていただきます。
①17畳用か、23畳用に近いエアコンであること②お掃除機能がついていないもの③隠ぺい配管の設置に対応しているもの条件が厳しいですが、ご回答宜しくお願い致します。
補足補足ですが、こちらは四国地方なので、暑さや寒さが極端に激しいということはありません。

marimo_miakisさん、こんにちは隠ぺい配管は、余計な配管が露出していなくて、すっきりした外観でいいですねでもそれと引き換えに、様々なデメリットがりますので、ちょっとだけ考えてみませんかエアコン用配管資材大手の因幡電器産業のサイトから転載します『デメリットとしては、?コストが高い。
?トラブルの発生確率が上がる。
またトラブル時の対応が大変。
?将来のエアコンに対応できない。
何れにしろ、利点と欠点、コストとリスクをきちんと確認の上、美観や利便をとるのかどうか、その場合はどの様な設計・施工にするのか、施主様ご自身にご判断いただく必要があります。
なぜハウスメーカーは勧め、機器メーカーは勧めないのか一考してみるのもいいでしょう。
*埋設と隠蔽の違い。
埋設=壁などに配管を埋め込む。
配管の交換≒リフォーム。
隠蔽=天井など見えないところに配管する。
配管の交換可。
*一般家庭用エアコンと天カセや天吊りタイプエアコンとの違い。
一般家庭用エアコン(壁かけエアコン)=配管は露出が前提。
天カセエアコン・天吊りエアコン=配管は隠蔽が前提。
』詳細は、以下URLでご確認くださいhttp://www.inaba-denko.com/jp/pro/pcnc/index_faq.htm#pcnc_maisetu要するに事務所の天井に設置されているような天井埋め込み型(いわゆる天カセ)であれば、最初から天井裏に隠蔽配管する前提ですので、設計段階からそのように考慮されているし、機器交換の際など天井裏の空間内で作業ができるようになっていますが、壁掛けエアコンは元々露出配管で危機と配管の接続などを行ったうえで設置するようになっているので、隠ぺい配管で設置するのは技術的にも無理をしているということ、また狭い壁の中に埋め込むため、何かあった場合には壁の破壊を伴わなければ交換もままならない場合があるということそれらを総合的に判断して、隠ぺいで設置するか露出で設置するかを考える必要があるということですね配管資材を製造するメーカーのサイトで、戸建て住宅での隠ぺい配管について『なぜハウスメーカーは勧め、機器メーカーは勧めないのか一考してみるのもいいでしょう。
』というキーワードに、いろいろな理由が込められていると思いますよそんなこんなで、我が家は3年弱前に新築した際、5台のエアコンをすべて露出配管で設置しました後日「失敗した~」ということがないように、じっくりとご検討ください、marimo_miakisさんの判断の参考になれば幸いです

エアコンの最高出力時のCOP

エアコンの最高出力時のCOP例えば、富士通ゼネラルAS-J40W APF4.9冷房時 11~17畳(18~28m2) 4.0kW(0.9~4.3) 1195W(125~1330) 最高出力時→4.3kw/1.33=3.23(COP) 定格時→4.0kw/1.195=3.34AS-V40W APF5.5冷房時 11~17畳(18~28m2) 4.0kW(0.9~4.3) 1160W(150~1360) 最高出力時→4.3kw/1.36=3.16(COP) 定格時→4.0kw/1.16=3.45AS-Z40W2 APF6.2冷房時 11~17畳(18~28m2) 4.0kW(0.7~5.4) 970W(110~1680) 最高出力時→5.4kw/1.68=3.21(COP) 定格時→4.0kw/970=4.12定格時は差異があるけど、最高出力時はどれも同じ。
ということでしょうか??調べると、昔のエアコンはインバータ制御されていないので常にフル稼働しており、そのときのCOPは3程度。
で、最近のエアコンはインバータ制御でAPFが高くなるような制御をしているため、省エネになっているように見せかけているとありましたが、どうなのでしょうか??補足kinpira_gobou_choikaraさん 回答ありがとうございます。
効率がいいところを強調しているんですね。
ということはコンプレッサーの効率としてはすでに頭打ちしていて、制御方法により省エネに見せかけているということですかね?ちなみに同じ容量でもシリーズによってAPFがことなりますが、これは制御がことなるということでしょうか?シリーズ毎にコンプレッサーが違い、上位モデルの方が効率がいいやつつかってるとかですか?

エアコンの省エネ性というのは、コンプレッサーの性能だけで決まるわけではありませんよね。
制御のやり方や、放熱効率なども含めて、省エネ性(=電気代)が決まるのです。
COPが影響を受けるのは、主に「コンデンサー(凝縮器:室外機のアルミフィンのところ)の温度」「エバポレーター(室内機のアルミフィン)のところの温度」「冷媒の種類」「コンプレッサーの効率」です。
すでに回答があるように、室内機の大きさが大きいものは、「エバポレーター容量を大きくして熱交換効率を上げられるので、コンデンサーとの温度差を小さくできる」ので、COPが高くなります。
室外機が大きいものも同じで、「コンデンサー容量を上げて熱交換効率を上げて、エバポレーターとの温度差を小さくできる」ためにCOPが高くなります。
フルパワー運転をすると、(冷房時では)エバポレーター温度が下がり、コンデンサー温度が上がりますから、その両者の温度差が大きくなるのでCOPが悪化します。
それぞれの容量に余裕がある方がCOPの悪化は抑えられるので、省エネ機は室内機や室外機が大きくなっているのです。
一方、エバポレーターやコンデンサーをどの程度の温度を狙ってコントロールするかを決めているは制御系です。
古いインバーターじゃないエアコンはいつも定格稼動ですから、エバポレーターもコンデンサーも省エネ運転できる範囲を度外視で稼動することになります。
「制御で省エネにする」というのは「見せかけている」わけではなくて、同じ能力を冷房や暖房で発揮するために、もっとも効率的にコンプレッサー出力やファンの出力を制御するということです。
同じ能力を出すわけですから、「見せかけ」ではありませんよね。
同じように冷房・暖房できて確実に消費電力は下がっているわけですから。
同世代のエアコンであれば、高級機ほど、コンプレッサーもインバーターも効率の良いものを使っています。
ただ、コンプレッサー単体やインバーター単体の効率差は10%以下でしょう。
ただし、全体はその効率のすべての掛け算になるので、20~30%くらいの差になるのです。
小さな積み重ねですね。
各メーカーで、最小能力時のCOP、定格能力時のCOP、最大能力時のCOPを、同価格帯機で比較してみてください。
メーカーの特色が良く分かります。
あと、カタログでは分からない、外気温、室内温で変わるCOP特性についても、メーカーの差異があるようですよ。
外気温が高温になると急激に冷房COPが低下する機種もあるようです。
効率のいいエアコンというのは、定格能力~最大能力時のCOP低下が少ない機種でしょうね。

確かにそのように見えますよね。
謎を解くカギは、室内機、室外機のサイズにあります。
冷房のCOPは室外機の能力に大きく依存しており、
AS-J40W 、AS-V40Wは、室外機サイズが同じであるため、
ほぼ同じ冷房COPになっています。
室外機サイズの大きいAS-Z40W2だけがCOPが高くなっています。
最高出力時のCOPが高くないのは別の理由で、
能力が5.4と高いためです。
200V機種で電源容量に余裕のあるこの機種は最高能力が高くできるのですが、
エアコンは能力が高くなるとCOPが下がる傾向があるため、
偶然に上の2機種と似たCOPになったようです。

APFは冷暖総合の効率指標ですが、暖房の影響が圧倒的に大きいのです。
そして、暖房の効率は室内機の能力に強く依存します。
メーカーHPをご覧になればわかるとおり、
3機種のAPF順は室内機サイズ順とよく符合しているはずです。

よって制御の話は副次的なものです。>いいとこついてるけど、ちょっと認識間違ってる。

インバータ制御でAPFが高くなるような制御をしている・・・じゃなくて、APFという別の指標をもってきて、インバーターでいうところの60%程度の割と効率のいいところ=ある程度、設定温度になっちゃってパーシャルで稼動できる範囲の運転を強調して、昔の機械より高効率になってるように見せかけてるの。

COPなんて瞬間最大風速みたいなとこあるから、おいしい運転率のとこだけピックアップしてカタログデータで謳っても、そのうちウソがバレるじゃん。
そんなカンタンにCOPが「5」とか「6」とかならないでしょう?
実際の電気代だって、そんなに極端に違わないんだから。
一般人がCOP数値の大きく異なった2台のエアコンの比較実験なんてできないし。旧型より電気代が安くなったような気がするだけで満足じゃん。

実際のエアコンの稼働率なんて70~50%以下のパーシャルの状態がいちばん頻繁に使われます。
でもその部分だけピックアップしてカタログに載せられないでしょう?
だから公平に年間の電気消費量という指標をもってきたの。
昔の基準のCOPが高いほうがAPFの数値もいいけど、そのまま正比例はしてないじゃん。
COPの数値がそのままAPFに反映しにくいのは、そんな理由からです。

ついでにいうとインバーターで100%以上に搾り出してるときは、あまりエネルギー効率はよくないです。
でもフルパワー状態なんてせいぜい立ち上がりの30分程度だから、多少のことは目をつぶっても、出力がでればいいかな?ってとこじゃないの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コンプレッサーなんてスイングかスクロールしかなでしょう?
同じガス使ってるんだから、使える圧力にも限界あるし、あとはモーターの強力磁石の出現待ち。
もしくはデュポン社で新たにもっと高圧に対応できるガスでも開発してくれるか。
制御技術をいくら駆使しても、最低・最高のところは物理の法則で決まってるんだから、なんとかできるのはパーシャル状態だけ。

クルマの燃費もそうじゃん。何年かごとに燃費モードの指標が変わる。
ユーザーが期待するほどエネルギー効率が毎年よくなるわけないでしょう?>

エアコン内部を市販の洗剤で自分で掃除するのは逆効果でしょうか?ちなみに使用し…

エアコン内部を市販の洗剤で自分で掃除するのは逆効果でしょうか?ちなみに使用しているエアコンはダイキン製のAN63FRPです。
補足昨年10月に業者に頼んで清掃してもらいました。
しかし、今年になって、内部の回転するファンを除いてみたら黒っぽくなっているので気になりまして。

市販の洗剤とは?エアコン専用のスプレーのことでしょうか?そのスプレーの場合、説明ではスプレーをすれば汚れが流れ落ちてドレン配管に汚れと共に排水されると説明されてますが・・・理想どおりになりませんし、熱交換器には親水性皮膜がありそれを破壊して水漏れが生じる場合があります。
専門的な空調機洗浄業者は洗浄後、親水性皮膜を塗布して仕上げます。
(そのような業者は大変すくないでしょうね)ファンの汚れが気になるとのことですが、養生のポイントを抑え、高圧洗浄器などを使えば設置したままでも洗浄は可能と思われます。
洗剤のみで分解もせずファンの汚れを落とすのは至難と思います。
エアコンの噴出し口からブラシなどを突っ込んで作業ではとても効率が悪く、しかもきれいにはなりません。
ファンを取り外して作業をするのが道具がない人の場合確実にきれいになりますが、この説明をみて養生の仕方、分解方法などが思い浮かばない場合、素直に業者に頼むべきと考えます。
エアコンはとても汚れる製品です。
ほんの少しでも汚れが気になるようになった場合、そのエアコンが四季を通じて使用する場合、極端な話、3ヶ月ごとに業者を依頼しなければならないくらいですよ。
作業自体は難しいことはないのですが、とにかく知識が必要でプラスチックなどを破損した場合。
そうなったら逆効果だったなぁと反省する気持ちになってしまいますね。

市販のスプレーは熱交換器の部分を洗浄するもので、内部のファンを洗浄するにはきちんとした養生が必要になります。
また、市販の洗浄スプレーは洗剤ですので、後から水できちんと流さなければ最悪の場合ホースに埃が詰まり、水が逆流してしまいますのでお勧めできません。また、ファンの部分を洗浄しなければエアコンの臭いも取れません。
1年に1回、掃除業者に頼むのが良いです。>2005年製のルームエアコンですね! 使用して6年ですか?
汚れているようですね! 市販の洗剤で洗うことは可能ですが
有機の溶剤も要ります。 電子部品があるため水気を嫌う所もあります。
出来ましたら専門業者に任せることをお奨めします。
台数がまとまれば、安くなる事もあります。
現在相場的にはルームエアコン壁掛けタイプで1万円ぐらいですか?
ダスキン・掃除や本舗などでもしていますので相談してみてください。

そうでしたら、頑張って遣って見てください。 但し特に気をつけてください。 第一は差込を抜く事からはじめてください。>スプレータイプであれば熱交換のアルミフィンだけしか洗浄できませんので効果はいまいちですが、やならないのと比べたら効果はありますね。(特にそのエアコンでの1回目はかなり黒いドレンが出ると思います)

逆効果は無いでしょうね、電気機器部分にかからないように気をつけてください。

————–

中のシロッコファンまできれいにしたいのでしたら分解洗浄しかないでしょう。

分解して洗浄してくれる所を探してその業者に頼む必要ありだと思います。>